2012年12月24日月曜日

Go to Omarama

 南島の玄関口となる国際空港のあるクライストチャーチと、観光地として有名なクイーンズタウン。南島の南端を探るのに拠点となる町で空港もある。新婚旅行のときに行ったトワイゼルという町は、この2つの町のちょうど真ん中にある。クライストチャーチに直通で行く便をとったとき、どこに行こうか思案を重ねた。
 大きな魚を大きなフライで釣ること。これが楽しい現在、本当は北米へスチールヘッドを狙いに行きたかった。しかしながらいろいろ調べるうち、いくらウィンターランとはいっても、1月2月は天気次第で難しいとの話だった。予算を考えると1カ月単位での連泊はちときつい。気候が正反対のNZは?というと、鱒をみつけてキャストするシングルハンドの釣り情報はそこそこ手に入るけれど、ツーハンドでしかもスペイというのは皆無。どうやらあまり規模の大きい川が少なく、あっても極端に増水することで常に流れを変える暴れ川というのが多いらしい。飛行機で上から見たとき、鎖状に網目を形成したような川が何本も眼下に広がったのは忘れられない。どうやらいわゆる本流で深い淵を形成するような安定した流れというのが少ないようだ。また、浅い流れを広範囲にわたって少数の鱒が散らばっているせいか、見つけてから狙いをつけてキャストするというのが標準らしい。NZで本流フィッシングって無理なのだろうか?

 まず狙いをつけたのはNZのサーモンフィッシング。クライストチャーチのあるノースカンタベリー平野を流れる大きめの川にはサーモンが遡上するらしい。しかしながら、ノースカンタベリー周辺は人口の多いクライストチャーチを抱えるせいか鱒もすれて釣りづらいこと、またサーモンフィッシング自体は河口で行うこと、遡上魚の常だろうがこれまたタイミング次第の釣りらしいこと。 たまたま問い合わせた現地の釣具店の情報では、NZは今年15年に一度のサーモン当たり年と言っていた。しかしまあ、鮭釣りであれば日本で1時間のところでできるので、ここはよほどの有力情報でもない限り行かないこととしてみる。
 次に検討したのが、テアナウもしくはゴア近辺。巨大ブラウンで有名なオレッティリバーもこの近辺。しかしながらここはクイーンズタウンからさらに南のため、クライストチャーチから車だと1日以上潰れてしまう。時間の制約から却下。
 そこで当初予定していたのがウェストコースト近辺。グレイマウスから北端のネルソンにかけて。そういや以前おせわになったTonyはネルソンに住んでいるっていってたっけ。数あるNZ紹介サイトが口をそろえてウェストコーストへ行け!と書いてあるのもあった。ロードオブザリングの舞台になるほどの景勝地で、緑の多い西海岸。同時に雨もよく降り、サンドフライも多いらしい。このサンドフライ、前回はお世話にならなかったけれど、調べれば調べるほど尻別川に潜む極悪のヌカカに酷似している。雨で釣りになる日が潰れることや、キャビンの中までヌカカだらけになることを想像したら、いきなり行く気が失せてしまった。
 結局、セントラルサウスアイランドといわれるトワイゼルへ行くことに。前回キャストもままならなかった自分が、どれだけさまざまな釣りができるようになったかを試す旅にすることにした。ここなら周囲に湖も多く、前回見れなかったMt.cookや、テカポ湖の羊飼いの教会をみたりもできる。何といってもいい本流が見当たらなかったら切り立った湖でスペイキャストを堪能してくることもできるかもしれない。
 夏は風が強いと言われるこの地域。Ahuriri riverを中心に、テカポ運河でのモンスター狙い、もう1時間足をのばして南島で一番大きな川といわれるCluha riverをスペイで探るプランも立ててみた。これらに一番適当なエリアがどうやらOmaramaらしい。ここのキャンプサイトでキャビンを借りてすべてを賭けてみることにした。まあ、北と南に100kmずつでさまざまな釣り場が広がっているので、よほどのことがなければ竿すらだせなかった、ということはないでしょう。ロケーション抜群で直線人工運河のテカポ運河はどうやら濁りに強いみたいだし。

 本命でAhuriri river、対抗にClutha river、おさえでTekapo canal。これに大小の支流の資料をそろえる。北海道であちこちの本流をサーチしたようにグーグルアースで下調べを万全にしてみる。NZは川沿いに私有地の牧場が広がっていてアクセスポイントが難しいらしいので気をつけて。しかしながら有名な河川はアクセスポイントもでている(nzfishing.com)。こういうすばらしい情報があると外国の釣り人も中に入りやすい。あとはclutha riverにも害が広がっていると言われるDitimoの影響と現地の天候次第かな。

 目標は?と言われたら、まずはサイトフィッシングで50cmアップ。そしてスペイで60cmアップを各1匹ずつでしょうか。シングルハンドで狙えないでっかくて深い淵をスカジットラインでトレースすればいけるんじゃないかと妄想する。そして時間があればいくらなんでも釣れるのではと甘く見ている自分がいる。ガイドがいないと厳しいとの助言もいただいた。
 奥様からはそうそうに、
 「全然釣れないから、あと少しだけ延泊していい?なんて現地から泣きを入れるんじゃないの?」
と、馬鹿にされてしまった。さすがにそれはない。
 釣れなかったら悲しいけれど、まずは一人旅を完遂させることが今回の目標である、なんてカッコつけてまとめてみた。しかし結局は魚が欲しいのでフェザントテイル巻きためて直近10mのキャスト練習をする毎日。シングルハンド6番なんて久しぶりだ。12fを超えるリーダーだと目標の1m以内のキャストが全然決まらない自分がいた。

 まずは無事現地につけること。そしてキャンプ場のインターネットキオスクからブログアップできるか試してみたいと思います。
 

4 件のコメント:

  1. 初めまして。
    ドキドキのNZ釣行ですね。
    わたくしも大して上手くもないのにNZへは2回釣行に行っていて、
    今月末に3回目のNZ釣行に行く予定です。
    レンタカーで最初から最後までキャンプの予定です。
    現地でバーナーを購入するとのことですが、キャンプサイトに宿泊するので施設内にあるキッチンで色々な調理をすることが出来ます。ほとんどのキャンプサイトがそうでしたが、オマラマのキャンプサイトもそうだったと思いますが、鍋や食器もあります。ただ、前の使用者がちゃんと洗ってなかったりとか、残った食べ物をキープしたい、なんて場合はマイ食器を用意して行ったほうがいいですね。私はキャンプサイトじゃないところでもキャンプする予定なので、ガソリンバーナーと少量のコッヘルを持っていくつもりです。

    Clutha River、超巨大レインボーをバラした思いで深い川です。
    オマラマからCluthaへ向かうルートはドライブが気持ちのいい道です。
    良い釣りが出来るといいですね!

    返信削除
  2. 水キチ様はじめまして。

    3回目の釣行とは素晴らしいですね。途中でのインスタントラーメンとコーヒーだけはゆずれないので熱源をかんがえていたのですが、ガソリンバーナーがもちこめるとは思いませんでした。キャンプサイトの情報含め勉強になります。
    Clutha Riverの超巨大レインボーですか。写真と文章でいっぱいつれるようだとしかわからなかったのですが、実際に釣りに行かれた方の話を聞くと想像しただけでもわくわくします。どうも今後1週間ぐらい天気が不安定みたいで心配しているところでした。
    水キチさんはどちらのほうへいかれるのでしょうか。水キチさんもいい釣りになるといいですね。
    コメントありがとうございました。

    返信削除
  3. 既に出発されているのかもと思ってコメントしたのですが、まだみたいで良かったです。
    ガソリンバーナーについて追伸です。
    私はMSRのバーナーを持っていく予定ですが、燃料は勿論空にした状態で、ちょっとうろ覚えですが、6時間以上空になってる状態でよく洗って(サラダ油で洗うのもあり、なんて書いてありましたが、ちょっとそれはバーナーが痛まないか?と思いしませんけど(笑))、その後どうたらこうたらと色々規定があります。詳しくはNZ航空に聞くと色々教えてくれます。ガソリンだと余ったら車に入れること出来ていいですよね。もっとも、全国に沢山あるオートキャンプ場でしたらちゃんとした炊事場があるのでバーナーとかはいらないです。
    Cluthaの超大型レインボーはもう12年位前の出来事で、ウェーディング出来ない深さの場所でかけてしまい、リールファイトでしのいでいたんですがどんどん下流に逃げ、ついにはそれ以上先に進めないとこまで来てしまったんですね。そこでもう強引にやり取りしたんですが、4回ジャンプされて針を外されてしまいました。今でも悔しさを引きずってるので(笑)、1日かけてもやり取りする覚悟でじっくりやればよかったと思います(笑)。その悔しさをバネに4年後に行ったんですが、川底にはディディーモが繁茂し、全然姿を変えていました。釣れない事はないようですが、ニンフ、ウェットだと藻が絡まって釣りにならず、2回目の釣行時はスグサマ諦めた記憶があります。状況が良くなってることを祈ります。
    トワイゼル辺りだとオハウとかで釣りをしました。時期によって川の姿は変わると思うのでなんとも言えませんが、あまり大物は居ませんでしたが、数釣りは楽しめました。
    ダートはくれぐれも気をつけてください。2駆だとあんまりスピード出て無くても滑るような道があり、40キロでもスピンしたことがありました。どうしてもその先の川に行きたくて、その時は20キロ位でそろそろと走りました(笑)。
    そういえば新婚旅行で行った際のガイドさんがTonyという人だったようですが、Tony Bushさんなんでしょうか?ボクがその昔現地で購入して釣り場の参考にしたガイドブックの著者がTonyさんでした。
    それでは楽しんで来て下さい!

    返信削除
  4. 水キチさんこんばんは。
    お教えいただきありがとうございます。
    ガソリンバーナーは丁寧に処理すると持っていけるみたいですね。勉強になります。
    やはりCluthaはディティモでてましたか。上流の川が古くからのディティモ汚染地域なのと、水系のパンフレットにもディティモに注意とあったので。どうやらAhuririも汚染されているようなのですよ。こればかりは北海道に持ち込まないようにしないと。水キチさんがかけたようなとんでもないのに出会えたらよかったのですが。場所によっては洪水でディティモが一掃された川もあるようなので、こればかりは行って見ないとわからないですよね。
    Tonyさんは、2000年ぐらいのFlyFisher誌にでていた人で、多分Tony違いかと思います。生きてたら多分65歳を超えているかもしれません。
    いただいたアドバイスを元に頑張ってきます!

    返信削除