2013年1月31日木曜日

Mt.Cook

  新しい仕事にはまだ慣れることができないけれど、少しばかり休みをもらったので更新してみる。ブログのページビュー統計を見てみたら、NZからもアクセスがあるようだ。ちょっとばかり嬉しかった。

 大雨の夜。前日の昼過ぎから続く雷鳴。南島の下1/3が厚い雲に覆われていたのを天気予報で確認した。でも翌日は綺麗に晴れることもわかっていた。こういうとき、ガイドでもいると釣りができる場所をみつけてもらえるんだろうけれども一人だったので、せっかくの天気を利用して観光に行くことにした。
 行く途中でトワイゼル川を眺めてみても泥濁り。ああ、やっぱりと思いながら、初日にいい思いができたテカポ運河ならと、立ち寄ってみることにした。


 水質はクリア。風もそこそこ。よし!釣りになる!と観光に行く予定を変更してサイトフィッシング。
 魚に見つけられる前に見つけて姿を見つけられないように隠れること、あらかじめティペットの長さやリールからだすラインの長さを計算しておいて、どのあたりにフライを落とすかを決めておくこと。コツを掴んでからはかなりの確率でキャッチすることができた。



 銀色地に斑点のはっきりしたきれいな魚。




 黄色が強く好きなタイプの体色。




  岸際20cmぐらいを回遊するこの魚の目の前に落としたビートルが、ごく自然にカプリと咥えられたときは猛烈に感動した。




 引きも強く元気がいい。他の釣り場がダメでも釣りになる場所を探すことができたこと、運河とはいえサイトフィッシングを楽しむことができたこと。ドライフライだって咥えさせることができたこと。これまでの不振はいったいなんだったのかと思うぐらいうまくはまった。やっぱり釣りは釣れなきゃ楽しくない。そして振り返るとこの風景があった。


 
 ちなみに、自分が着いた日から、施設建造のために運河沿いの道路は通行禁止となっていた。来年の1月30日までは徒歩でしか探ることができない。もし行くとしたら、プカキ湖側のサーモンファームへは車でアクセスできるので、そこから徒歩で釣りあがるのが一番だと思う。


 気持ちよく午前中の釣りを終えて、予定通りMt.Cookへ。年間の半分以上が雨というエリアだけれど、晴れた日を狙って行ったので快晴だった。

 インフォメーションセンターより。真ん中の遠くに見える山がNZ最高峰のMt.Cook。ここに一度きてみたかった。






 変わり続ける地形の変化についての案内版が印象にのこった。

 「変わり続ける地形の地鳴りや衝突」

 聞いてごらん。
 岩や雪が山の上から転がり落ちるのを聞くことができるだろうか?
 その水の流れは?
 それは変化の音・・・氷河が後退し、水と氷によって山が削り取られる変化の音なのである。

 変化の兆しはあなたのまわりにもある。
 100年前はミューラー氷河でこの谷は埋め尽くされていた。
 ここのそばから氷河の上に乗ることができたかもしれない。
 今日氷河は谷の上のほうまで隠れてしまった。
 奥のほうにある氷河は湖の遠くの端のほうにみることができる。
 氷河によって落とされた岩の破片の堆積は氷河の過去の広がりを示している。

 よく温暖化とは聞くけれど、実際に氷河が後退していく様を目の当たりにするとなんとも言えない気持ちになった。まさしく今自分たちが変化の中にいるのだということを実感した。環境問題は決して人ごとなんかではないと感じざるをえなかった。


 2つあるつり橋のうち第2のつり橋は修理中で途中まで。のんびり歩くと往復で2時間以上かかってしまった。この景色の中歩くことができたことに一人感動していたから。


 釣りのない登山やトレッキングなんて考えもしなかった自分だけれど、こういった抜群の風景の中はじめてトレッキングの良さをかみしめることができた。もう二度とここにくることはない。しかしおかげで北海道に戻ってからもトレッキングをしてみたいと感じたのはよかった。あまり釣りの調子は良くなかったけれど、この瞬間心の底からNZに来てよかったと思う。釣れずにさまよい歩く面白くない日は、今日のような日の感動を引き立てるためにあるのであり、決して無駄な日ではなかった。面白い日ばかりだとこの気持ちは味わえなかったのだろう。これからも続くであろう毎日、嫌なことがあったときには思い出したい一日だった。

2013年1月23日水曜日

Flood

 その後夜に雷と大雨となる。湖から流れ出す川であれば濁りはないだろうと踏んで目的地のひとつであるClutha Riverへと一日早めてでかけてみた。
 アクセスポイントを見つけて上機嫌で準備をしながら川辺にたってみた。


 そこには川辺を無くしたあふれんばかりの流れがあるだけだった。


 Wanaka湖にいってみても岸際の道路まで冠水するぐらいの増水。木の根元は水で浸かっていた。インフォメーションセンターでは増水のため湖のウォーターアクティビティはすべてキャンセルとのこと。


 そんな増水・暴風でも元気に泳ぐちびっこたち。

 上流のMakaroa Riverにいってみても状況は同じ。インフォメーションセンターに行って相談してみたときにようやく状況がつかめた。


 なかなか川に行くことを勧めないお姉さん曰く、「Flood」とのこと。つまり、洪水ということですね。なるほど。洪水なら釣りにならないはずだ。




 どんなに上流にいこうとも水の量は減ることはなかった。イブニングを予定していたOmarama Streamに再度でかけてみても、増水して釣りどころではなかった。ものすごく意気消沈して宿に戻った日だった。


 やけ酒のビール一本とミートパイ。よく本や漫画ででてくる食べ物なのに実物は見たことがなかったミートパイってのは本当にうまいものだと思った。多分翌日も増水で釣りにならないだろうと覚悟して翌日はMt.Cookへと向かうことにした。

2013年1月22日火曜日

Omarama Stream

 二日目の夕方はOmarama streamへ。キャンプ場の裏の小川。ひとまたぎできるかのような流れなのだけれど、一番気持ちよく釣ることができた。


 こんな牧場の中をゆったりと川は流れている。






40cm前後のブラウンが何匹もビーズヘッドのニンフを咥えてくれた。大きくジャンプをしたと思えば対岸の水草へ一直線に向かう魚、きりもみで上流に向かったと思えば下流へとダッシュする。どの魚もこの小さな流れでファイトの仕方をよく知っている。賢い鱒に感心する。日の長いニュージーランドの一日を堪能することができた。

 一日目、二日目と予定通りに終えることができたのだが、目的のAhuriri riverは白濁り状態だった。ちょうど十勝川がダムの放水や雨の放水の影響で、2週間は濁りがとれないだろうというような状況と似ている。それでも4日目以降天候不順であることは天気予報からわかっていたので無理をして川辺に立つも、どうにもやりきれない気持ちだけが残る1日だった。ただ、川辺の風景は素晴らしい。ベストコンディションであれば川も抜群の流れであろうことは容易に想像できた。アクセスポイントもすぐにわかり、自分の事前調査は間違っていなかったと思う反面、自然条件だけはどうにもならないと思い知らされた。


 絵葉書の中の風景を縫うがごとく道は続く。


 結局滞在中にAhuriri riverの濁りがとれることはなかった。その分釣れる川や湖を探してよく走った。その中でもやっぱりOmarama streamがよかったように思う。その後この川ですら雨で泥濁りになるのだけれど、その前に雨の中半日かけてさぐった上流部。雷に怯えながらフッキングできたブラウンはニンフで2匹。抜群のチョークストリームを釣ることができて幸せだった。





 水草のたなびく流れと羊と牧場。たまの晴れ間がなんとも美しく感じた。

2013年1月21日月曜日

My first visit

 朝早くにホテルのキーをボックスへ投函し、さっさとチェックアウトする。一路オマラマへ。


 この国道一号線というのがひたすらまっすぐの道であり、途中、信号というものはない。町中に入った時に減速するよう指示はあるのだけれど、それ以外はすべて時速100kmだった。信号がないとなると、サークル上の交差点があり、いわゆるロータリー構造の道を一時停止しつつ慎重にぬけるだけだった。信号がないってのは、エコだよなあと、ひとり感心してしまう。


 途中鮭が遡上することで有名なRakaia riverへと立ち寄る。ちょっと釣ってやろうかと下心をだしたけれど、旅人には冷たい川の色だった。


あとはとりあえずテカポ湖へと向かう。

カップルが抱き合ってチューしてても気にしなーい。


 自分にはこの風景があるから。そしておさえのポイントで腕試しということでテカポキャナルへ。




 うわさ通り、岸から2メートル以内を泳ぐブラウンを多数発見。風に翻弄され、鱒に見切られ、落胆すること多数の中、どうにか食い気のあるブラウンを釣りあげることができた。


 運河だというのに、水はどこまでも澄んでいてただ驚くばかりの景色の中、ひとり安堵した。これでとりあえず日本に帰ることができると本気で思った。


 振り返るとサザンアルプスが広がっていた。