2015年10月19日月曜日

ハイウォーター

実は今年はじめて訪れた北の本流。
68.4は想像以上に高い水位だった。


鮭がいるところがチャンスとわかりつつも、
目の前に泳ぐ魚のすがたに平常心で
いられなくなってしまから。
無理をしてでも釣りたくなってしまうので、
浅ましい自分は鮭の少ないところをついさがしてしまう。

ハイウォーターでなければいい感じといえるながれで。
普段水がないところにはたして魚はいるのだろうかと不思議におもいながらどうにか一匹かけた。多分虹鱒。ネットイン寸前でばれました。

その後すぐにでたのはアメマスでした。


東の果てで釣れたサイズとは比較にならなかったけれど、このコンディション、この流れでオレンジのフライを見つけてくれたことに感謝しながら。
魚の顔を見れただけでも良かったということが良くあるから、いい釣りのときに気持ち良くなれる。小さな魚がいるから大きな魚の価値がわかる。今日はそんな1日。

とても気持ちよい天気に感謝できたのは、悪天候での釣りがあったから。

何だか満たされたとても気持ちよい1日だった。

2015年10月5日月曜日

浜益川3回目

週末は久々の三連休。
北の本流用に大きなチューブフライをひがな巻き巻きしてまして。
爆弾低気圧のおかげですべて来年までお預けになりました。残念。

それでも晴れ間が見えた日曜日に浜益川へ。
現地についたらまだ風が強かったけど、このくらいだったら知床や東の果てで経験済み。
途中浮きルアーの人が釣りまくってます。
期待高まるなか、いつものポイントは自分一人。もうもらった!と思いましたね。
増水して流れが少しあるなか、流れがよれたとこ。なんとなく群れの雰囲気があるとこで、やっぱり一匹。フライはテールゾンカー赤。チェーンボールアイ付きなので、根掛かりしない程度にリトリーブしてたら雄がつれました。やっぱり色付きの雄しか釣れないのかと思ってたらその後小振りながら色づき前の雌が。そのあとまた、雄。

そんなんしてるとすこしづつ人増えてきて。
前回の嫌な思いをするのかと思ったら、皆さん紳士的で、自分が、やっていたところには決して入ったりしてきませんでした。おかげでとても気持ち良く釣れました。
魚は何となくいるのだけど、なかなか掛からなくなったので、小さな3分マラブーに変えたら一度だけかかって、すぐにばれました。

さすがに雨風が強く疲れてきたので、少し上に移動。いつものたまるはずのところ。ひと流し目で1発。70アップの雌でした。
これにて満足。強い自然を前に、自分の釣り体力もあがったというか、許容範囲が広がったことを実感できました。いつもご一緒いただく釣り仲間の方たちのおかげです。彼らは本当にスゴいですから。

また来年も来ることでしょう。



2015年9月27日日曜日

浜益川二回目

相変わらず北の本流とまよいました。
少し仕事があったので、浜益川へ。
その分、翌週末三連休とるので。
大きな黒オレンジを巻き続けています。
例のジヤバラも。今から楽しみにしてます。

さて、土曜日、上流にはほとんどいませんでした。


一瞬群がみえたけど。一瞬できえました。
諦めず、流れがよれたとこ。
根掛かりしないように小刻みにリトリーブ。
今年はこのパターンおおいかな。
八番ウーリーバガーに雄が一匹かかってくれました。
エサシも集まり愚痴をいいいあうなか、自分がつれると、一斉に川にはいり、自分のいたところに引っ掛けるしかないだろうルアーを放り込み、根掛かりしたらジャバジャバと取りに行く。
こんなんじゃやる気なくなりますよね。さっさとあがりました。

もう少し下流へいき、土手のうえからは群がみえましたが、まあもういいだろうとストップフィッシング。

あと一回。もういいかな。

2015年9月21日月曜日

浜益川2015

去年は一回いって、虎模様の雄を一匹あげて、あとは行きそびれてしまった。今年は解禁に行けなかったけど、どうにか川辺にたてた。

朝一ノーウェイトのテールゾンカーで雄を一匹。何となく魚はいるけど、去年同様群れは薄い。しかも水が少なくて流れがないのですぐに根掛かりしてしまう。まもなくヒットした魚は、跳ねたと思った瞬間恐ろしいばかりのトルクで直進して、そのままフックアウト。もしスレでなければ凄い魚だったのに。
8時過ぎに群れが固まって遡上してきて、ほどなくあちこちで竿が曲がるように。
自分の下流でも群れてたけど、キャストするようにラインに怯える魚はなんとも釣りずらい。すこしリトリーブしてたら、根掛かりが首をふった。

口とわかったのと、ファイトから雌っぽい。どうにかつり上げたいとドキドキした。
まだシーライスがついた雌。検量では75センチ、5キロアップ。かなり重かった。

昼からは鮭料理。

鮭レバーのペースト
塩水に一時間ぐらい漬けて血ぬき、沸騰したお湯につけて、火を止めて20分。サイコロ状に切ってすり鉢でバターとすりつぶし、塩コショウで整える。レバーとカニみその中間の味に。赤ワインのおつまみにぴったりでした。

胃袋と心臓はオリーブオイルとマジックソルトでソテー。

今回初めてめふんを塩漬け。塩ぬきしてみりんと酒に漬けてる途中。多分かなりうまい。

半身は冷凍庫へ。後日とばにする。残り半身はちゃんちゃん焼き。

中落ちと頭は明日の鮭鍋に。

イクラの黄金比。
醤油、酒、みりんを1対1対1。
薄めの味でパクパク食べれる。

うまかったので備忘録として。
さて、根掛かりしないチューブ鮭フライまかなくちゃ。

知床2015

久しぶりのアップ。
恒例の知床へ。去年はいけなかったのだけど。





熊と戦う船長や、崖を登る熊が見れて面白かった。
恥ずかしながらマスのソテーを作って、夜のキャンプでみんなにたべてもらった。
旨い、といってもらえたのが何よりもうれしかった。
軽く塩をした輪切りのマスをオリーブオイルでソテーして、胡椒かけただけなのにね。夜の宴会が一番の隠し味だったのかな。

思えば五年前。一人渡船で向かったとき、崖から崩れ落ちそうな一本の木と、それを支えるようにつらなる木をみて、うまくいかなかった仕事と自分を重ね合わせていた。落ちそうな自分を家族がどうにか支えてくれていた。
毎年同じ崖を見るたびに思い出すのだけれど、二年ぶりに見たら、先端の木は他の木と寄り添いがっちりと根をおろしていた。別のところを見ていたかもしれないし、二年ぐらいじゃ木は増えないので逆に崩れたのかもしれない。
それでもどうにか生活の基盤を整え、少しばかりみんなで仕事を進められるようになったじぶんと、また重ね合わせてしまった。もう一人じゃないと、感傷的になった次第。